SICUTE|子宮頸がん検診サポートサイトby NPO法人 子宮頸がんを考える市民の会

当日の検査の流れ

1.病院に到着したら、まずは受付を済ませましょう。

保険証などを持参していくと良いでしょう。
住民検診であることを伝え、受診券または無料クーポンを提出してください。(クリニックによりお会計時に出す場合もあります。)
自治体により受診券がない場合もあります。こちらから確認してください。(自治体情報をこちら で確認)

2.病院指定の問診票に記入します。

性交経験の有無、結婚歴、妊娠・出産歴、最終生理日等を記載します。なるべく正確に記載しましょう。
住民検診に申し込むと、自治体から事前に問診票が自宅に送付されるケースもあります。その場合は、問診票を忘れずに持参してください。

※記載された内容は個人情報保護の対象になりますので、情報が漏えいされることはありません。

3.順番が来るまで待機

受診前にトイレに行っておきましょう。

4.呼ばれたら、診察室に行ってください。産婦人科の先生の診察を受けます。

「検診は初めてですか?」
「何か病気に罹ったことはないですか?」等の簡単な質問を行います。

女医さん

5.内診台へ誘導されます。

看護師さんの指示通りに着衣を脱ぎ、内診台に乗ってください。

6.以下の順番で検診を行います。(詳細はリンクをクリックしてください。)

内診クスコ挿入子宮頸部から細胞を採取

7.検査が終了したら、洋服を着て待合室に戻ってください。

もう一度医師からの説明がある場合もあります。病院によって違いますので看護師さんの指示に従ってください。

8.お会計で終了

病院に検査結果が出る日程や再診日を確認しましょう。

医療監修:前濱 俊之先生(豊見城中央病院 産婦人科部長)